忍者ブログ
| TOP | 作品履歴 | Twitter |
<プロフィール>
PN:
朱門 優(しゅもん ゆう)
職業:
物書き
サークル:
無口な魔女たち
誕生日:
09/03
出身地:
埼玉生まれの埼玉育ち
趣味:
資料集め・散歩
自己紹介:

フリーで活動しています。東京都在住。
お仕事のご依頼は、
右上のメールフォームからお願いします。

一週間経っても返事がない場合、
メールフィルターの誤判断等による事故も考えられます。
その場合は大変申し訳ありませんが、
もう一度お送りいただけますよう、
お願い申し上げます。






mixi


since 2006.November.18
<ブログ内検索>
<リンク>
リンクはフリーです。
バナー

バナー

よろしければお好きなバナーをどうぞ。
(直リンはご遠慮ください)
<メールフォーム>
ご連絡はこちらまで。
<架空PCゲーム企画>


とらのあなさんで
『コトハノステイション』の
特集を組んでいただきました!
(売り切れました。ご注文いただいた方々、ありがとうございました!)







イベントで頒布いたしました
グッズなどはこちらから。



<新刊ご案内>








×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

土曜日に僕の持病である「なんかやるせないので遠くへ行きたい病」が発症したのですが、生憎の豪雨。

050.jpg


『蒙古タンメン中本』で激辛タンメンを食べた以外は引きこもり、終了。あとBF。な休日だったのですが、日曜日は朝からの快晴。
ここのところ立て込んでたので、久し振りのまともな休日です。
これはどこか行くしかないと、そう近くもなく遠くもなくという距離で選んで横浜中華街に行ってきました。

 

051.jpg


実は横浜初体験。
しかも思いつきで来てしまったのでほとんど下調べもしてない状況だったのですが、横浜に詳しい知人にうかがったところ中華街に行きたいのなら石川町で降りろとの事。

 

052.jpg


 

053.jpg


おお、なるほど。まさに中華街という感じですね。
人が多くてこの時点で引け目を感じています。

 

054.jpg


なんだかパンダが大人気。
さて折角の食の街、来たからにはどんな美味しいものを食べようかなとあちこち見て回っていたんですが、ちょっと待て。

 

055.jpg


オリジナルだと!?
僕には一国を救った配管工やとある国ではレオパルドンなる巨大ロボに乗っていたヒーローのように見えるのですが、そうですか、オリジナルと言われたら仕方ありませんね。
というかこの上の棚には恐らく偶然たまたまに決まってますが、とある世界的キャラクターによく似た人形がありまして写真に撮る事すらためらわれたのですが、いったい何に似ていたのかというと三木鼠(以下削除

 

056.jpg


気を取り直して肉まんとか食べてみます。
つか中華街を歩いている間、ずっと肉まんばかり食べていたような気がします。
さすがに美味しい。

 

057.jpg


特に『皇朝』の肉まんは格別でした。なるほど、あちこちで取り上げられているだけはあります。
つかここのコロッケまじうめぇ。中華街とあんまり関係なさそうな気もするけど。

 

058.jpg


そして『関帝廟』でお参りして中華街は終了。
かの武将は以前関わった企画でもちょっとだけ使わせていただきました。ありがとうございます。

 

059.jpg


ちなみに中華街ではこういった瓶が五百円で売られていたんですが、流星拳砲岩は『散弾流星脚』を一回打つごとに結構消費してたんですね。
初登場以降は毎回破られてたような気もするけど。

 

060.jpg


その後、山下公園へと行き大道芸を観賞。

 

061.jpg


 

062.jpg


火のついた棒×3でお手玉→背の高い一輪車に乗った上、火のついた棒・剣・りんごでお手玉と、気合の入った熟練の一芸を観させていただきました。すげぇ。
そこから大さん橋~赤レンガ倉庫へと移動。

 

063.jpg


赤レンガ倉庫ではタイのフェスティバルが開催されており、タイ風焼き鳥やタイ風ヤキソバなどを食べました。
豪快な切り口だった焼き鳥はともかく、まさかヤキソバに砂糖が入ってるとは……異文化というのは恐ろしいものだ……。

 

064.jpg


そのままコスモワールドへと移動。
ちょこっと遊んで帰ってきました。


一日歩き回ったせいもあり、ちょっと急ぎ足なレポートになってしまいました。
以下は今日のプチ旅行の思い出。

 

065.jpg


 

066.jpg


 

067.jpg


 

068.jpg


……ん? なんか変なの映ってた?
気のせいですよ気のせい。

 

拍手

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
YATTA
tomo@
新PCより初コメ(・∀・)ニヤニヤ
煌びやかな写真たち綺麗・・・。

確か幼い頃に横浜の中華街も連れて行ってもらったような気がしないこともないですが、
やはり不屈の闘志というか神業的複製術というか、
なかなかにお洒落なグッズが増えているようで・・・私の幼少時代よりは着実に進化しつつあるようですね。

私の地元、大阪・・・のお隣・・・兵庫にも中華街がありまして、
そこでも似たような雰囲気・・・有名店が並び、ホクホクな時間を過ごしたことがあります。

でもやっぱり、肉まんの店多いですよね。自然と小龍包や餃子の割合が増えてしまいます。
ヤメラレナイトマラナイー!!


さて、変わったものを写真に収めると何か優越感というか満足感というか、
楽しい気分になれるので私もよく、変な物、撮りますw
一人旅、ツーリング等行くと街にはこんなにも「ギャグ」が溢れているのかと痛感させられます。

ところで持病の発作はおさまりましたでしょうか?w
2007/10/29(Mon)01:59:27 編集
Re:YATTA
朱門 優(しゅもん ゆう)
>新PCより初コメ(・∀・)ニヤニヤ

お、新PC購入ですか。おめでとうございます。
充実したPCライフになりますように。

>私の地元、大阪・・・のお隣・・・兵庫にも中華街がありまして、
>そこでも似たような雰囲気・・・有名店が並び、ホクホクな時間を過ごしたことがあります。

神戸の中華街ですね。
僕は生憎と訪れた事はないのですが、そちらも味自慢のお店が並んでいるのでしょうね。

>でもやっぱり、肉まんの店多いですよね。自然と小龍包や餃子の割合が増えてしまいます。
>ヤメラレナイトマラナイー!!

何件もあると、どこかへ入って腹いっぱい堪能するよりも、手を出し易い一口料理の食べ比べをしてしまいますね。
そうして気付けば肉まんばっか食べてました。

>さて、変わったものを写真に収めると何か優越感というか満足感というか、
>楽しい気分になれるので私もよく、変な物、撮りますw
>一人旅、ツーリング等行くと街にはこんなにも「ギャグ」が溢れているのかと痛感させられます。

僕もついデジカメを取り出して撮ってしまいます。
しかし帰宅して改めて見てみると、「これはその場にいた人間しか面白くない」という写真ばかりで後で困りますw

>ところで持病の発作はおさまりましたでしょうか?w

オサマリマセン。
2007/10/31(Wed) 21:23
無題
D-Pink
楽しそうですね~(*≧ω≦*)


大道芸をやってたそうですが、私の地元の静岡で結構大きな大道芸祭りをやるのでかなり無理があるかもしれませんが興味があったら来てみてください☆⌒(>。≪)
2007/10/31(Wed)00:25:16 編集
Re:無題
朱門 優(しゅもん ゆう)
>大道芸をやってたそうですが、私の地元の静岡で結構大きな大道芸祭りをやるのでかなり無理があるかもしれませんが興味があったら来てみてください☆⌒(>。≪)

面白そうですね。行けましたら是非。
2007/10/31(Wed) 21:25
無題
N年遅れましたと分かっていますが、思わず書き込みしました……

> 土曜日に僕の持病である「なんかやるせないので遠くへ行きたい病」が発症した

なかん、詩情の溢れる病気ですね……
正直に言えば、「少しだけでも、この病気を先生に伝染されたらいいな」と思っていますw
冗談です。
もし、先生はいつかまた「発症」したら、中国へようこそ~
その時になりましたら、絶対に本物の「中華街」や「中華料理」を差し上げますよ!


> 僕には一国を救った配管工やとある国ではレオパルドンなる巨大ロボに乗っていたヒーローのように見えるのですが、そうですか、オリジナルと言われたら仕方ありませんね。

恥ずかしいですが、えっと、中国の悪徳商人たちはこういう似て非であるような製品を作るのがとても上手です……
(こういうエセもの、中国では「山寨物」と呼ばれます。英語なら、「Made in China」……らしいです……)
そういえば、『從晴朗的朝色泛起之際開始』という『朝色』の中国語版があるらしいです、しかも……無料……
(多分、中国の法律がエロゲーの販売を禁止する故……)
ここで、先生の作品を勝手に冒涜したあの中国人たちに代わって、謝罪します。
本当に申し訳ございませんでした。
どうか、お許しください。(深くおじぎします)


> つか中華街を歩いている間、ずっと肉まんばかり食べていたような気がします。さすがに美味しい。

先生は肉まんを気に入っているようですね、よ、よかったです!
済みません……なんか嬉しすぎて、涙が自然に……(´;ω;`)


> 豪快な切り口だった焼き鳥はともかく、まさかヤキソバに砂糖が入ってるとは……異文化というのは恐ろしいものだ……。

ですよね!
わたしは初めて上海に行った時もびっくりしました……
全然辛くない麻婆豆腐などはともかく、野菜のあぶらいためまでが甘いとは……
でも……上海の大学に入学してから、もうN年になりました……甘い食べ物はもう慣れたかもしれません……(涙目)
「異文化」といえば、わたしはずっと日本へ旅行したり日本料理をがんみしたりしてみたかったですけれど、今まで全然チャンスを見ませんでしたから、ちょっと残念かもしれません……
ですから、今は日本語や専門課程を必死に勉強しています。
いつか日本留学ができたら、お伺いしたい……と思います……
2011/04/10(Sun)03:00:25 編集
無題
ちなみに、なんか私の通っている大学には『ソルイルナ学園』と似ているネタ(実は生徒たちの中で流行する噂)が宿っているようです————

先生のお言葉を借りてみたら……

「中華は偉大なる東方不敗様に召し上げられた『日』の願いによって救われました。

その『日』とは、聖地と定められた地である上海に建つ『震旦大学(Aurora University)』から選ばれます。
(この都市伝説の出典は金庸氏の『笑傲江湖』らしい……その為、この学校もよく『日月神教』と呼ばれているそうです)

『光華の学園』とも呼ばれるその学園には、
世界中からうら若き少年少女たちが集い、日々勉学に励みます。

光華の学園の学生会である『光華会』は、そんな少年少女たちの頂き。
学院に入学した学生たちは、大きな羨望と少しばかりの嫉妬を胸に、
その遥かな頂きを目指すのです。
なぜならその頂きこそが、『日』に最も近い場所なのですから。

けれど、ある日、その学園は『尚書』の「虞夏伝」に見える「日月光華、旦復旦兮」の名句に由来する『復旦』と改称されて、二つに分裂しました。
そのもう一つ学園は『月光華の学園』とされ————

————“科学技術”。

もう一つの学園、この月明かりの学園では、どこにも陽気を見つからない、
ストレスと欝の溢れる空気が立ち込めている。

三竦みを根幹とする三種の科学技術は教えられている。
『張江』
『江湾』
『楓林』
精神病院とも呼ばれるこの三つの内のどれかを選択する事によって、昼夜逆転の日々は始まる。
ただし、「九月の決定」まで、一年生はそのどれにも属さず……」

だいたい、こういう感じです……
そういえば、私もそろそろ『張江』に入学するらしいです。
「いつか、私もエロゲーを作ってみたいな……」と夢見ている私にはやはり……「任重くして道遠し」……ですね(涙)
2011/04/10(Sun)16:14:36 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66]

Copyright c 無口な魔女たち All Rights Reserved.
当サイトの内容を無断で転載、複製、放送、データ配信および配布等をする事を固く禁じます。
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]